ホーム  >  学生の声

学生の声

学生の声

アジアには興味すら無かったけど、この講演を聴いて好奇心が湧いた。

海外進出には全く、ましてアジアには興味すら無かったけど、
この講演を聴いて好奇心が湧いた。
起業には少なからず興味があり、進路決定をせまられた今、そういうのも悪くないと思った。
失敗を恐れない気持ちと知識が、そのためには必要なこともわかりました。
とても刺激になりました。
投資家的視点で自分を見る、という事もこれから意識していきたいと思いました。
貴重なお時間をありがとうございました。 直筆の声を見る

やはり実際の話を聴いて驚くことが多いです。

国内状況とアジアの成長を比較して、ア然とするしかありません。
本は一度読ませて頂いたので、ある程度知ったつもりでいましたが、
やはり実際の話を聴いて驚くことが多いです。
私は、もう就活が始まっているので、中々海外に足を運ぶことは難しいかもしれませんが、機会があれば、ぜひアジアに行ってみたいなと思いました。 直筆の声を見る

今まであまり実感がわかなかった将来に危機感を覚えた。

講演を聞かせてもらい、今まであまり実感がわかなかった将来に危機感を覚えた。
そして、全く視野になかった海外への進出の考えが自分の中で生まれた。
普段では聞けない興味深い話を聞かせてもらうことができ、自分の視野がこの時間だけで広がったように感じられた。 直筆の声を見る
自分が思っていた事とだいぶ違うことを聞いて今までの価値観が変わった。
日本では英語ができなくてはダメというレッテルがあるが、それがすべてではないと気づかせてもらった。
そして、アジアが日本をいつ追いこすかという焦りが日本人には今だないだろう。
そこがとてもこわい。
そして、自分のオリジナルな考え方や行動を心がけたい。
自分で考える力がないと聞いて「確かに」と感じた。
流れるままに私達は動いているのだと思った。
今だからできることをしていきたい。
今日、先生達の話をきけてよかった。
明るく、自分だけの、自分のなりの行動をしていこうと思う。 直筆の声を見る
得ることが多い時間でした。
今まで、アジアに対して、勝手な先入観があったことも改めて気づけました。
今や日本はもうアジアで一番の国ではないのだと思いました。
何でもそろっていて、何も苦労していない私たちは、「一生懸命やる」ということから遠ざかっているような気がします。
また、日本人だからこそできる質の高いサービスが武器であること、情報をうのみにしないことなど、これから始める就活に役立つお話しを聞けたことは、すごくプラスになることばかりでした。
聞いている人を引きつけるようなプレゼンの仕方も勉強になりました。 直筆の声を見る
豊永さんの話しを聞いて、知らないことが多かったので勉強になりました。
まだ私は海外に行ったことがないので、まずはアジアに行ってみようと思いました。
アジアの人たちは環境がよくないのにもかかわらずものすごく勉強をしていて、知識が豊富というのがすごいと思いました。
私ももっと日本は勉強する環境はよいので、きちんとやろうと思いました。
そして、日本の強みである細いことやルールがきちんとしているという所を活かせるように、あと日々の生活で過ごしている時から自分でもっと考えることをしようと思いました。
将来について勉強になったし、面白かったです。
ありがとうございました。 直筆の声を見る
今回の講演で視野が広がりました。
知り合いの人に途上国の話しを聞くきかいがあり、興味がありました。
今経済が大きく動いている中で自分になにができるか。
自分はなにを貢献できるのか。
まず見つめてみて広い世界をみてみてキャパシティーを広げていこうと思います。
さらに、実際の企業の方のお話しをお聞きすることができてとても光栄です。
長い目で人生を見て、色々と考えていきたいです。
今日は、ありがとうございます。また、お願いします。 直筆の声を見る
今回お話を聞いて、自分自身がどんどんと積極的に行動していくことが大切なのだと思いました。
失敗しながら、何か見つけ出していくのもありだと思いました。
自分の中で、この講演はとてもためになった気がします。
将来に向けて、人から求められる人材になれるよう、行動していかなくてはいかないと感じました。 直筆の声を見る
とても興味深い話だった。
今までは何となくアジアが発展している、ちょっとキタナイなど考えてた。
しかし、とても可能性あふれる場所なんだと感じた。
そして、日本よりアジアの方が、人口の問題や税金の問題からみても将来的に希望があることを学んだ。
だが、私は日本が大好きなので、アジアで働くのが少し恐いです。
今日の講演で少しアジアに対する考え方がかわったように、もう少し情報を集め、うのみにしないように調べていきたい。 直筆の声を見る
日本以外のアジアが今どれだけ進んでいるのか、日本がどれだけ就職ができない状況であるのかがよく分かりました。
私は留学やインターンなどヨーロッパを中心に考えていましたが、アジアにも目を向けてみようと思います。
学生のうちに、旅行やインターンなどで国内だけでなく海外が今どうなっているのか自分自身でたしかめてみたいです。 直筆の声を見る
アジアで働くなど考えたこともなかったのですが、今日の講義を聞いてアジアも働く場所として視野に入れるべきだと思いました。
アジアに対するイメージはあまりよくなかったのですが、それは情報に操作されていたのかもしれません。
ぜひ、実際に行ってみていろいろな体験をして本当のことを知って行きたいです。
アジアは秩序がまだちゃんとしていないということは、話を聞いてすこし想像できるのですが、それを変えたりできるのは私たち日本人ではないのかと思いました。 直筆の声を見る
今日、豊永さんの話を聞いて、今まで考えたことのないことでした。
普通は日本で就職をし、家族を持ちという流れで生きていくのかなって思っていて、心の中には、今後どうにかなるのかなっていうのもあって、本当に今の日本は、危機を迎えていることが理解できた。
アジアの国々への興味もわいて、今までの考え方を変え、いろいろな視点で、物事を考えようと思いました。 直筆の声を見る
日本の現状と、アジアでの可能性を聞けて面白ろかったです。
日本で当たり前のサービスの質がアジアの市場では大きなアドバンテージになること、自分にとって新しい視点でした。
つまりは、不安から考えこむよりもアクションを起こすことが重性で、何事にも共通することではないのかと思いました。
これから就活を向える、自分にとって投資家的な視点を持つことと、情報をうのみにせず考えることは、意識すべきことだと思いました。 直筆の声を見る
日本にずっといると、どうしても視野が狭くなってしまいます。
私もそうで、日本にいるのが安全だしと思っていました。
しかし、今日のお話を聞いてアジアのパワーに圧倒されました。
私が考えていたアジアは昔のままで止まっていて、でも実際のアジアは動き出し、その勢いが人を、国を動かす力になっているのだと知りました。
今までの自分はすごく視野がせまく、講義をきっかけにアジアに、世界に目を向けようと思いました。 直筆の声を見る
今日の話しで、学生の質が落ちているという話が、ありましたが自分自身でも確かに元気がないなと思ったり、物事を積極的に考察しようという気持ちがあまりないなと感じたので、今後は少し考えを改めようと思うことができました。 直筆の声を見る
アジアは旅行するものという考えしかなかったが、今は就職も考えなければならなくなっていたとは思ってもいなかった。
また日本人は英語英語といっているが海外で働くには言語よりもコミュニケーション能力であったり、ビジネスセンスの方が大切ということがわかった。
それは日本でも大切にされているが海外の場合現地で人脈をひろげられるという魅力であったり日本では絶対経験し得ないものが得られるというところで、来夏のアメリカ短期留学よりもベトナム等アジアに 直筆の声を見る
今日、豊永さんに話をうかがって、自分のアジアについての考え方就職についての考えも変わりました。
自分は今までアジアのことについて知ってたようで知らなかった面が沢山ありました。
私は、日本は確かに不況だと思ってたけどまさか他のアジアの国よりは不況ではないと思ってました。
また私が豊永さんの話をきいて一番関心を持ったことは、海外インターンシップについてです。
自分は今まで海外について考えたことがもちろんなかったので、ネット等で調べてみようと思いました。 直筆の声を見る
今回、外に出て働いている人の話を聞き、とてもタメになったと思う。日本が現在、どのような立場にあり、外国にどれだけの可能性があるのか身にしみてわかった。
これから日本だけに視点を置かず、様々なところを実際に行って見てみたいと感じた。
今日は、このような講演を開いていただきありがとうございました。
様々な内容をより詳しく、わかりやすく解説してもらいとても身になりました。質問に対しても聞いたこと以上のことを話してくださり、たくさん話を聞けてよかったです。 直筆の声を見る
とてもためになる話がきけてよかった。
海外インターンシップのAIESECのサイトを少しみてみようと思った。
必ずしも日本に就職しなくてもよく、アジアでの仕事もよさそうだと思った。
自分を客観的にみることが重要だといっていたので、常に、今の自分を見つめ、会社にとって、必要とされる人材になっているかをかくにんしていこうと思った。 直筆の声を見る
豊永さんの話を聞いて、今の日本はとても良くない状況だということを改めて感じさせられた。
やはり求められる人材は、「よく考える人」と「型にはまらない答え」を持つ人なんだと感じた。
タイやベトナムの人たちのハングリー精神を日本人も見習うべきだと思い、私たち日本人は恵まれた環境に居すぎて、アジアの人たちに差をつけられているということにあせりを感じた。
ぬるま湯につかりすぎている日本人は、自分たちが持っているアドバンテージをフルに活用していかなければいけないという事を知った有意義な講義だった。 直筆の声を見る
今回の講義で、今まで日本以外のアジアは、発展途上で日本よりはというイメージをもっていたけど、秩序はまだにせよ、経済力、発展力は日本より上であることを実感でき、これからは、日本人の武器であるサービスの質や丁寧さを活し、ベトナムやタイなどへの就職も考えるべきだと思った。
その第一歩として、すぐにでもベトナムやタイなどの国を訪れて勉強したい。
これからの日本人は、まだチャンスはあると思うので勉強をしっかりやり、海外の現状を実感したいと思う。 直筆の声を見る
今回の講演は自分の為になる事ばかりであった。
例えば今までアジアの中での先進国は日本以外に韓国も先進国だと思っていたが実は韓国は発展途上国であり、産業が空洞化しているという事実を知った。
シンガポールは先進国であり、私達が知らないアジアの一面を今日知ることができた。
発展はしているが秩序はまだ整っていないアジアで成功できる可能性が広がるので、私は機会があればぜひAISECに参加してみたいと思った。
また今求められる日本人の学生像の話も聞く事ができて今後の就職活動の参考になる事ができた。
情報をうのみにせず自分の考えを持つ事が大切だと思った。
とても良い講演会だと思った。 直筆の声を見る
私は今日の講演を聞いて、今アジアは経済成長していることが実感させられた。
それは日本と比べて、優秀な人材が多いことや、日本の企業が進出しているからである。
日本は人口が減少して、経済が悪くなっているので、次第に他の国に追いつかれると思った。
私は欧米に目が向いていたが、これからはアジアも目にいれたい。
アジアの企業は危ない所も非常に多いことが実感させられた。 直筆の声を見る
この講座を聞き、アジアがどれだけ大切かがわかりました。
自分もICONICでインターンをしたいと思いました。
これからビジネスセンス、コミュニケーション能力を高め、経営者的な視点をもち、自分を見つめなおそうと思いました。
自分で考えるちから、自分ならではの情報をとり、詳しく調べたいと感じます。
わかりやすい話し方だったので、自分も引きつけられました。
自分の豊永さんのような話し方ができるように勉強していきたいです。 直筆の声を見る
講演を伺って、私は日本で就職することしか考えたことがなかったので、アジアに進出してみるのも面白いかもしれないと思いました。
今の日本は確かに経済面が安定していなくて厳しい状況なのは私達も理解しているつもりでしたが、16歳で起業した高橋さんのように10代で起業できることも知り、私にも出来るかもしれないと思えるようになりました。
私は豊永さんの言っていた経済的に駄目な韓国にしかアジアでは行ったことがないので、もっと視野を広げて沢山のアジアの国々を自分の目で見てこようと思います。
まずはタイに行きたいです。
豊永さんが書いた本も読むつもりです。
今日はありがとうございました。 直筆の声を見る
いい話しをうかがえて、とても光栄です。
アジアに進出するのがなぜいいのか最初はよく分からなかったけれど、就職は無理して来年しなくていいのだと強く感じた。
今の自分では企業側は100%取らないと思う。
だったら一歩踏み出してアジアで働くのもいいなと思った。
今日の話しで、アジアが中心になると言っていたので、日本にいる必要もないのではとも思った。
アジアで働いて得たものを日本に帰って働いた時にその会社を動かせるようになっていればいいなと思いました。
本日はありがとうございました。 直筆の声を見る
電子メール(必須)
書籍通販
日本人だからできるアジアビジネス成功術  by 豊永貴士
日本人限定!アジアマーケット攻略の秘策