ホーム  >  アジアコラム  >  第一回『何故?今アジアを目指すのか?』

第一回『何故?今アジアを目指すのか?』

今アジア起業を目指すべき理由や、アジアでビジネスを始めるにはどういう視点で物事を見れば良いのかということに関してお話したい。

【オンライン連続コラム版】
日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの?
 
第一回
『何故?今アジアを目指すのか?』
 
こんにちは!
『日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの?』著者の豊永です。
 
このオンラインコラムでは、
 
なぜ、今アジア起業を目指すべきなのか?
 
また、
 
アジアでビジネスを始めるには、
どういう視点で物事を見れば良いのかということに関してお話させて頂きます。
 
まず第一回は。
なぜ、今アジアを狙うべきなのかをお話ししよう。
 
アジア。
この言葉を聞いて、君はどんな所を思いうかべるだろう。
 
埃っぽい古びた街並?
田んぼが、どこまでも広がっている風景?
 
10年くらい前なら、
それでも間違ってなかったと思う。
 
でもアジアはここ10年で、
昔なら想像もできない程の勢いで成長を続けている。
既に2009年の時点で、年間で300兆円以上のお金がアジアに投資されているんだけど。
数字で語っても分かりにくいし、300兆円なんて想像もつかないよね。
 
じゃあ、この写真を見て欲しい。

column1-1.jpg
これは、ベトナムで流行している『寿司バー』の写真だ。
駐車場には現地の富裕層が乗るフェラーリが普通に停車している。
 
これを見て、
『また極端な例を・・・』と思った君。
 
よく聞いて欲しい。
今、アジアの各国で、
日本人が逆立ちしても買えない様な外車がそこら中を走り回っている。
 
よくテレビで、貧しい国として取り上げられているカンボジアでも、
ろくに舗装されていない道を、3000万円はくだらない様な高級車が走っていたりする。
 
とはいっても、
別に高級外車の話がしたい訳じゃないんだ(笑)
 
今回は、
どうして、このような現象がアジアで起きているのか。
その理由について知って欲しいんだ。
 
まず、
もちろんこういった外車に乗れるのは、アジア各国でも中間層以上の富裕層に限る。
 
大切なことは、
この人たちが『どうしてお金持ちになれたのか?』ってことなんだけど。
 
その理由は、土地バブルにある。
 
ここ数年でアジアに投資された莫大な資金をバックに、
インフラがドンドン整備されて行き、土地や不動産、そして株の値段を押し上げて行った。
 
皆、自分が知らないうちにドンドンお金持ちになって行った訳だ。
そして今も成長を続けているアジア各国では、日本と違って、将来に何の不安も持ってない。
 
だって、みんなでして収入が上がり続けているんだから(笑)
 
つまりは日本と比べて、お金を貯め込むということに関して疎い。
アジアの人々は、ローンを組むことにすら抵抗を感じていないんだ。
 
もちろん収入の差で、買える物と買えない物があるけど、
基本的に何か便利な物が出るとすぐに飛びつきたくなる状態って訳。
 
これが今回覚えて欲しい事の、まず1つ目。
『アジアの人はお金を使うことに抵抗を感じない』
 
いいかな?
 
そして。
もう1つ、今アジアに注目すべき大きな理由がある。
 
それは、人口だ。
このグラフを見て欲しい。

column1-2.jpg

このグラフは、
2050年までの人口推移の予測を表している。
人口分布を見れば、アジアの人口がここから更に増えていくのが分かるだろう。
 
更にアジアの人口は、ただ増えているだけじゃなくて、
平均年齢も20代?30代に分布している国がほとんどだ。
 
人口の観点から見ても、アジアは世界No.1の市場であるとともに、
おまけに、若い世代が積極的に消費活動を行っている市場でもあるって訳だ。
 
これに加えて、お金を使うことに抵抗を感じていないんだから、
これってすごいことだよね(笑)
 
何で、すごいかって?
 
日本国内のことを考えてみてよ。
将来に不安がある人がほとんどで、ドンドンお金を使わないようになっている上に、少子高齢化で人口は減少している。
 
『何をやっても、物が売れない』日本と、真逆に位置しているのがアジアだってことだ。
 
この皆が物を欲しがっているアジア市場に、いわゆる『売れる』商品を持ち込めば、どうなるかちょっと想像して欲しい。
 
売り上げは想像もつかないほど、
天文学的な数字になることが容易に想像できるだろう。
 
さて、
名実ともに世界No.1の市場となるアジア市場のダイナミックさが伝わったかな?
 
次回コラムでは、
そんな可能性を秘めたアジア市場で、
僕たち日本人がビジネスで活躍できる"隙間"についてお話し致します。
 


追伸:
手っ取り早く、莫大な人口と、アジアの活気を体感してもらう為には、
この写真を見て欲しい。

column1-3.jpg
これはベトナムの通勤風景だ。
バイクの大群・・・左側には歩道を走っている人までいる(笑)
 
次回コラムでは、日本人がビジネスで、アジアに参入するチャンスについてお話しします!
是非ご期待下さい!
 
電子メール(必須)
書籍通販
日本人だからできるアジアビジネス成功術  by 豊永貴士
日本人限定!アジアマーケット攻略の秘策